ariyoshiyoshie.com 有吉与志恵.com

  • ameba
  • 講座について
  • 施設について

お悩み別コンテンツ

お悩み別コンテンツ

首コリ

疲れからくる首コリ解消には呼吸が鍵?!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

youtuu

  • 首がこっている方の特徴は「呼吸が浅い」ことです。
    首の筋肉には、呼吸に関わる筋肉である「胸鎖乳突筋」があります。うなづいたり、首をまわす動作にも関係しています。
    この筋肉が疲労すると、呼吸がうまくいかなくなり、酸素の供給量も減って、疲労がとれにくくなるのです。

    もっと詳しく知りたい方はこちらの書籍がオススメです→「40歳50歳からの若くなる身体

  • 【リセットコンディショニング:胸鎖乳突筋スリスリ】

    ①楽な姿勢で座るor立ちます。
    ②耳の後ろから鎖骨までの「胸鎖乳突筋」を、指2本で圧しさする。筋肉を分けるような感覚で。
    ③硬いところをみつけたら、そこを圧しながらうなづく。数回繰り返す。
    ※反対側も同様に

    <ポイント>筋肉がやわらかくなるのを指で感じながらおこないましょう。

    【実感!】

    首が軽くなり、うなづきやすく。呼吸も楽になります。

  • 【アクティブコンディショニング:アブブレス】

    ①仰向けになり、膝を立て、両手はウエストのあたりにおいておきます。
    ②息を吸って、口から息を吐きながら、手でウエストを縮めるようなイメージで筋肉の動きをサポートします。

    <ポイント>息を吐ききると違う筋肉が働きやすいので、60~70%くらいを吐くようにしましょう。

    【実感!】

    首周りがスッと軽くなります。呼吸が楽に。眠る前に行うと眠りが深くなります。

お問い合わせ

有吉与志恵への講座、講演、取材のご依頼先はこちら

〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-4-1 来るビル4F
TEL03-5787-8169 / FAX03-6450-9141

有吉与志恵メソッドの詳細はこちら

PageTop