ariyoshiyoshie.com 有吉与志恵.com

  • ameba
  • 講座について
  • 施設について

お悩み別コンテンツ

お悩み別コンテンツ

冷え改善

お尻の冷えを改善して女性特有のお悩みも軽減!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

hie

  • お尻を触ってみてください。冷たくありませんか?お尻には座るのに必要なクッション=脂肪が多くあります。脂肪は断熱材のような役割をしますから、熱を通さないためにいつまでも冷えやすいのです。 また、座り姿勢が多いと、いつもイスの上にのせてつぶれているお尻の血行はさらに悪くなり、冷えが進行します。
    お尻が冷えているということは、コアの筋肉のひとつである骨盤底筋群が冷えているということでもあります。この筋肉が冷えると、女性の大切な子宮や卵巣の血行不良が起こり、生理痛や、PMS(月経前困難症)などのトラブルを招きます。また、更年期障害に悩む方も、ここが冷えている方が多いようです。
    まずは股関節や背骨、骨盤周りの筋肉をリセットし、アクティブで、お尻の筋肉に血液を集めて温めます。
    また、このタイプの冷えの方には、骨盤まわりの筋肉が集まっている「仙骨」に、カイロを貼ることをお勧めします。

    もっと知りたい方は→冷えを根本改善したい方必見!『深部体温を上げれば、やせる! 不調がとれる!! 』

  • リセットコンディショニング:腰椎クルクルトントン

    ①仰向けに寝て、首の下にタオルを丸めて入れ、両膝を閉じて立てます。
    ②そのまま膝を腰幅くらいに小さくユラユラと振ります。

  • ③両膝をあげ、ももの裏に手を入れ、膝を小さく自分の方へ引き寄せます。
    ④慣れてきたら、膝をするように脚を交互にも動かしてみましょう。

    <ポイント>脱力して小さな動きでおこないましょう。

  • 【実感!】

    お腹が暖かくなったという声も良く聞きます。お尻まわりの血行促進にもつながっています。

  • 【アクティブコンディショニング:ヒップブリッジ】

    ①仰向けになり、両脚を揃え、ウエストに手を当てます。
    ②膝から肩までが一直線になるようにお尻を浮かせます。
    ③その姿勢を保ったまま、呼吸を20~30回繰り返します。

    <ポイント>お尻にしっかり力をいれて正しいフォームで行いましょう。

  • 【実感!】

    身体が温まるだけでなく、ヒップもきゅっと上がります!

お問い合わせ

有吉与志恵への講座、講演、取材のご依頼先はこちら

〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-4-1 来るビル4F
TEL03-5787-8169 / FAX03-6450-9141

有吉与志恵メソッドの詳細はこちら

PageTop